TOP → お勧め塗料アステックペイント → アステックペイントってどんな塗料なの? → 100年ペイントの機能

100年ペイントの機能

100年住宅を実現するためのすべての機能を具現化

このチョーキングが起きません 伸縮率660%! 呼吸する塗料(塗膜)

アステックはチョーキングが起きません!

(最長20年:EC-2000DG)

チョーキング(白亜化)とは、紫外線・熱・水分・風等で表層樹脂が劣化し 塗料の樹脂がチョーク(白墨)のように粉状になって顕れる現象。 これは、塗料の寿命がきた証拠です。 塗料を劣化させる最も大きな原因は紫外線。 紫外線が日本の3倍以上あるオーストラリア生まれのアステックペイントは、 紫外線に対して圧倒的な耐候性を誇ります。 促進耐候性試験では、 約15年から20年ほどの耐候性があることが確認されました。 また、暑さや寒さ(−20℃〜82℃)にも強く、塩害や酸性雨などにも強い耐久性を示します。

一般敵なアクリル、ウレタン塗装は5年前後で寿命を迎えます。 シリコン塗料は平均10年ほどといわれています。(製品や材料の含有率によって 寿命の多少の差異はありえます。)アステックペイントは外壁用防水塗料で 20年以上の耐久性を誇ります。

塗膜が伸び縮みして漏水をストップ!

「住宅の寿命は、ひび割れからの水の侵入によって縮む」といわれています。 そのため、堅い塗膜を形成する塗料では、家を守ることができないとアステックは 考えます。アステックペイントは、上部写真中央の様に伸びる性能があり、建物の動き やひび割れに塗膜が追随し、水が侵入する隙間を作りません。

アステックペイントは外壁用防水塗料で660%以上の伸縮率があります。 一般的な弾性塗料と違う特徴は、その伸縮性を長期間維持するところにあります。

呼吸することで、家の湿気をこもらせません!

一般の防水系塗料は、防水機能の役割は果たしますが、家の建材を痛める原因となる 湿気をこもらせます。そのため防水系塗料には「呼吸」の要素が必要です。 家は呼吸をすることにより、長く生き続けます。逆に呼吸を防ぐと建物内に湿気を こもらせ、菌やカビが発生する原因となり、建物内部から腐食を進行させます。 多くの塗料(塗膜)は、水を通さない代わりに湿気も通しません。逆に湿気を通す 塗料(塗膜)は水も通してしまうため、建物を劣化させます。アステックペイントは、 水を通さない汚水性を備えながら、湿気は通す、呼吸する塗料(塗膜)として、 建物の劣化を防ぎます。

防かび効果

気になる家のカビや藻に抜群の効果!

400菌を阻止!
JIS規格の試験菌13菌と、一般建築から高い頻度で検出される57菌を含む400種に対応しています。

効果は高くても安心・安全!
臭いがほとんどなく、全ての工程を水性材料で施工可能。

溶出量が低い!
通常の防かび剤の約1/1000程度の溶出量です水や温水にもほとんど溶けず、気化しません。

元のページに戻る / 次のページ(遮熱効果)へ / トップページに戻る /

現場調査・見積のご依頼

お問い合わせの電話番号はコチラ 0120-70-1414 お気軽にお問合せ下さい

株式会社ペイントプロ

〒558-0004 大阪府大阪市住吉区長居東1丁目21−1
TEL : 06-6694-3939 FAX : 06-6694-9191
MAIL : info@paintpro.co.jp URL : http://paintpro.co.jp

フリーダイヤル:0120-70-1414