TOP → お勧め塗料アステックペイント → アステックペイントってどんな塗料なの? → 新素材ピュアアクリル

新素材ピュアアクリル

アステックペイント ニューテクノロジー

ピュアアクリルとは?

ピュアアクリル塗料とは、不純物をいっさい排除した、
アクリル100%の樹脂が使用されている塗料です。

一般的なアクリル塗料は、スチレンアクリル等の耐久性が低いとされる 樹脂を純度を下げて製造するため、安く製造することはできますが、 性能や耐久性を犠牲にしてしまいます。 しかし、アクリルとは本来、とても耐久性のある素材で、飛行機の窓や水族館 で使われている水槽も、実はアクリルなのです。
アステックペイントは、その中でも不純物が一切含まれていないピュアアクリルを 使用しており、紫外線に晒されても20年程度では劣化しない耐久性を有しています。 そんな耐久性を有するアクリルを100%のまま塗料かすることに成功。世界で最も紫外線の 強い国オーストラリアでも、15年から20年以上の耐久性を誇っているのです。

通常のアクリル塗料 アステックのピュアアクリル塗料
安価であるが耐久性に劣る アクリル本来の耐久性のまま塗料化を実現

可塑剤を使用しない

もうひとつの秘密は、可塑剤(*)を使用せず、
弾性力を出すことです。

アステックペイントはピュアアクリルの分子の組み替えにより、樹脂そのもので長期間弾性を 発揮することができるので可塑剤を加える必要がありません。これは、オーストラリアのアステック社 独自の技術で、国内塗料の、フッ素やシリコン塗料並みの超耐久性を実現すると同時に、 防水塗料に必要な高弾性を有しているため、非常に優れた塗料であるといえます。

(* 可塑剤(カソザイ)とは、プラスチックや塗料などに添加することにより柔軟性を与える物質です。 問題点は、熱や紫外線により添加された可塑剤は気化もしくは流出してしまい、5〜7年ほどで 塗料の弾性が失われてしまうことです。

可塑剤が抜けた(気化した)塗膜部分

一般の弾性塗料(ひび割れ対策用塗料)には、可塑剤が含まれています。 可塑剤は紫外線にあたると、3〜5年で完全に気化 してしまいます。さらに可塑剤が抜けた塗膜は弾性を失い、硬化して ひび割れをおこします。

元のページに戻る / 次のページ(環境にやさしい)へ / トップページに戻る /

現場調査・見積のご依頼

お問い合わせの電話番号はコチラ 0120-70-1414 お気軽にお問合せ下さい

株式会社ペイントプロ

〒558-0004 大阪府大阪市住吉区長居東1丁目21−1
TEL : 06-6694-3939 FAX : 06-6694-9191
MAIL : info@paintpro.co.jp URL : http://paintpro.co.jp

フリーダイヤル:0120-70-1414