TOP住宅塗装の知識 * 塗料比較

住宅塗装の知識
塗料比較:アクリル/ウレタン/ピュアアクリル/シリコン/フッ素

* どの塗料が一番良い
* 主な塗料の特徴
* 塗料比較表

どの塗料が一番良い?

 

いざ塗り替えをしようと思っても、「どんな塗料が良いの?」と迷うことが多いと思います。 実際、塗料にはいろいろな種類があり、どの塗料も優れた面・劣っている面があり、 一概に 「この塗料が一番良いですよ!」 とは言えません・・・。 【 お客様のニーズに一番合っている塗料 】 ・ 【 一番にどんな面を重視したいか 】 でお選び頂くのが最善だと思われます。 下記の主な塗料の特徴、塗料比較表をご参考になさって下さい。


主な塗料の特徴

 
アクリル塗料
最もコストパフォーマンスと施工性に優れています、その手軽さから住宅の 塗り替えで多く使われています。但し、アクリル塗料は耐久年数が短いため、 こまめなメンテナンスが必要。 建て直しの予定が近いうちにある場合やとりあえず色を変えたいというケースでは最適です。
ウレタン塗料
アクリル塗料に比べてワンランクグレードが上がります。ウレタン塗料の特徴は、その塗膜に光沢があり、 膜厚に塗りやすい。また、硬度・耐薬品性にも優れている。但し、住宅にはアクリル塗料同様、 耐久年数が短く、変色の可能性もあり、塗り替える目的と、どれだけの期間、維持したいのか で選別する必要がある。
シリコン塗料
シリコン塗料の特徴は、その塗膜に光沢があり、また、柔らかさ(弾性力)があること。 耐久年数もある程度あり、30年以上家を維持していくのならば、最低限、このシリコン塗料以上の 塗料を選択することがベスト。 シリコン塗料の欠点としては弾性力が10年満たないくらいで失われることが挙げられる。
ピュアアクリル塗料
国内では希少なピュアアクリル樹脂から作られている塗料。塗料の種類によるが、最低10年以上の 耐久性があり、最長20年の耐久性がある。 また、ピュアアクリル塗料は、柔らかさ(弾性力)を10年以上維持する ことが可能。 ピュアアクリル塗料の注意点としては、水性であるため、 施工時の温度・天候など、環境に応じた施工が必要である。
フッ素塗料
耐久年数が長いと言う点では、最も優れている。コスト的にも高価格帯の塗料が多い。 フッ素塗料は光沢感があり、防汚性も良い。 なるべく長期間、塗り替えたくない建物(商業用ビルなど)に最適。 フッ素塗料の注意点は、塗膜が硬く、弾性がある塗料に比べて、 建物にヒビが入った時に一緒に塗膜にも ヒビが入る可能性が高いことが挙げられる。
* 上記内容は、塗料の種類別に概略的特徴を記載しており、各メーカーの塗料によって差異があります。

このページのトップへ

塗料比較表

 
主な塗料を比較してみます。
価 格 耐久性 防水性 伸縮性 美観性 防カビ性 メリット デメリット
アクリル塗装 低い ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 高い 5年 最も安価で
手軽な塗料
耐久性が劣り
ヒビ割れしやすい
ウレタン塗装 7年 価格と機能の
バランスが良い
耐久性に劣る
ピュアアクリル
(通常塗装)
10年 耐久性/仕上がりが
高品質
水性のため
工期がかかる
シリコン塗装 10年 汚れにくく
耐久性に優れている
塗膜が堅いため
ヒビ割れしやすい
ピュアアクリル
(防水塗装)
15年 防水・伸縮・防カビ性に
優れている
水性のため
工期がかかる
フッ素塗装 15年 耐久性・美観性は抜群 割れやすく
ヒビが入った時
メンテナンスが難しい


「住まい」も人の健康と同じように”早期発見”と”早期治療”が基本です。

外壁・屋根の塗り替えをお考えでしたら、お気軽にご相談下さい。
お客様の必要とする塗装に最適な塗料をご提案させて頂きます。

ご相談依頼は、フリーダイヤル0120-70-1414 もしくは ご依頼フォームから


このページのトップへ ** 次へ(外壁について)
現場調査・見積のご依頼

お問い合わせの電話番号はコチラ 0120-70-1414 お気軽にお問合せ下さい

株式会社ペイントプロ

〒558-0004 大阪府大阪市住吉区長居東1丁目21−1
TEL : 06-6694-3939 FAX : 06-6694-9191
MAIL : info@paintpro.co.jp URL : http://paintpro.co.jp

フリーダイヤル:0120-70-1414