TOP住宅塗装の知識 *サイディング外壁について

住宅塗装の知識
サイディング外壁について

* サイディングボードとは
* 窯業系・金属系・合成樹脂系 それぞれの特徴
* 主流の窯業系サイディングボード
* サイディングの問題点
* サイディング外壁チェックポイント

サイディング外壁

サイディングボードとは?

 

かつて日本の住宅では、外壁材といえば木版(下見板)張りがほとんどでした。しかし、 戦後の法整備にともない防火上の問題から、モルタル防火造りが多くなり、 最近ではより耐火性に優れたパネル壁材として「サイディングボード」が主流に なってきました。サイディングボードは@施工の手間がかからず、工期が短い Aコストが安いなどの理由から、現在ではハウスメーカーの標準仕様になり 大きな発展を遂げています。

ページのトップ

窯業系・金属系・合成樹脂系 それぞれの特徴

日本では主に次の3つに大別され、それぞれ特徴を持っています。

T)窯業系サイディング
基材のセメントと繊維質材料を高温・高圧で成型したもので、色・柄などの パターンも豊富。軽量気泡コンクリート(ALC)も同様の製品。
U)金属系サイディング
主な原料はカラー鉄板やアルミニウム合金で、窯業系に比べて 新築時よりも改装時に用いられることが多い。
V)合成樹脂系サイディング
アメリカ・カナダでは40年以上の歴史を持ち、色落ちや変色が少なく、 酸性雨にも強く金属系のようにさびることもない反面、耐火性・耐衝撃性が 低く日本のような密集した住宅事情には適さない面もある。

ページのトップ
 

主流の窯業系サイディングボード

主流は窯業系サイディングボード

現在、外壁として最も一般的に使用されているのが「窯業(ようぎょう)系サイディング ボード」です。窯業系サイディングボードは、メーカーも表示しているように”施工時より 5〜7年”で表面の防水が劣化し始めます。そのため防水メンテナンスを施すことにより 吸収率を一定以下に保ち、ボードの変形や割れの原因となる雨水の浸み込みを 予防する必要があります

窯業系サイディングボードの構造

窯業系サイディングボードの構造 窯業系サイディングボードの構造
ページのトップ
 

サイディングの問題点

1: 蓄熱しやすい
2:塗膜が無くなると水を吸い込んでしまう。

問題点1: 蓄熱性

窯業サイディングボードは蓄熱しやすく、特に夏場等は下記のように表面温度は極めて高くなります。
表面温度が高いということは、内部温度(室内)も上昇しやすいということです。

モルタル住宅 モルタル住宅
サイディング住宅 サイディング住宅
【天気】快晴 【気温】35℃ 【撮影日】8月22日pm2:00

 

問題点2:吸水性

窯業系サイディングボードは、メーカーも表示しているように”施工時より5〜7年”で 表面の防水が劣化し始めます。サイディングボードの原料はほとんどがセメントで、塗膜が 劣化してしまうと吸水性が増してしまい、サイディングボードの変形や割れ、冬季には凍結 による爆裂といった破損の原因にもなります。 そのため防水メンテナンスを施すことにより吸水率を一定以下に保ち、雨水等の浸み込みを 予防する必要があります。

「住まい」も人の健康と同じように”早期発見”と”早期治療”が基本です。

次ページの サイディング外壁チェックポイントをご覧頂き、 現状のサイディングに不都合が出てきていないか、チェックされることをオススメします!

サイディング外壁のお悩み等がございましたら、お気軽にご相談下さい。
現状のサイディング外壁に必要とする最適なご提案をさせて頂きます。

ご相談依頼は、フリーダイヤル0120-70-1414 もしくは ご依頼フォームから


このページのトップへ ** 次へ(サイディング外壁チェックポイント)
現場調査・見積のご依頼

お問い合わせの電話番号はコチラ 0120-70-1414 お気軽にお問合せ下さい

有限会社 ペイントプロ

〒558-0004 大阪府大阪市住吉区長居東1丁目21−1
TEL : 06-6694-3939 FAX : 06-6694-9191
MAIL : info@paintpro.co.jp URL : http://paintpro.co.jp

フリーダイヤル:0120-70-1414