TOP住宅塗装の知識*サイディング外壁チェックポイント

住宅塗装の知識
サイディング外壁のチェックポイント

* サイディング外壁チェックポイント
* サイディング外壁 Q&A

サイディング外壁をチェックするポイント

 

外壁にこんな現象ありませんか?

□ 色あせ・変色が著しい

□ 塗膜(塗料が乾いて固まった状態)のはがれや膨れ、ヒビ割れが目立つ

□ 落ちなくなった汚れやカビがある

□ サイディングの目地に隙間やヒビがある

□ 日当たりの良い場所のサイディングに触れると白い粉が手に付く(チョーキング)

□ 下からや側面から見たとき、反りや膨らみがある

□ 水をかけると、しっとりと濡れて水を弾かない

コーキングの
ひび割れ
塗膜の
チョーキング
反り・膨らみによる
”すきま”
意外と見落としがちな目地の”ヒビ割れ”。目地が剥がれて”すきま” が出来ていることもあります。ヒビ割れから水分が染み込み、内部まで 痛めてしまいます。 発見したら早期対策を。 ”塗装の膜”による防水効果が失われると、窯業系サイディングの 場合、雨水が浸み込むようになります。チョーキング現象は防水効果が 失われているサインです。 サイディングボード自体に水が浸み込むと反りや膨張の原因に なります。早め早めの点検補修を。

ページのトップ

 

サイディング外壁のQ&A

 
  1. Q : サイディングは「塗り替えなくても良い」って本当?
  2. A:大切なお住まいを長持ちさせるには、塗装・補修は重要です。
  3. 窯業系サイディングの場合、製造時の塗装は9割が耐用年数7年前後 (立地環境によって異なる)のアクリル系樹脂塗料を使用しています。 有機系の高耐久性塗料が使われている金属系のものでも、耐用年数は 10年前後です。 塗装には美観上の役割のほかに、サイディングを太陽の 紫外線や雨水などの外的環境から保護する重要な役割があります。 そのため塗料の 防水効果が減退してくれば、雨水などの浸み込みやサビなどの腐食を防ぐ意味で、 塗り替えは必要になってきます。
  4. Q:目地のひび割れが起こったらどうなるの?
  5. A:漏水や滑落事故につながります。
  6. 塗膜には問題がなくても、サイディング自体の給水による膨れ・ひび割れ・ はがれ・反りなどの傷みを誘発し、漏水の原因になるだけでなく、膨張による重さが 原因の滑落事故や、凍結によるサイディングボードの爆裂事故(氷点下で発生する) といったことも実際に起こっています。傷みが大きくならないうちに補修を検討される 方が良いでしょう。早め早めの対策がお住まいを長持ちさせる重要なポイントです。

「住まい」も人の健康と同じように”早期発見”と”早期治療”が基本です。

サイディング外壁のお悩み等がございましたら、お気軽にご相談下さい。
現状のサイディング外壁に必要とする最適なご提案をさせて頂きます。

ご相談依頼は、フリーダイヤル0120-70-1414 もしくは ご依頼フォームから


前へ(サイディング外壁について) ** ページのトップ ** 次へ(モルタル外壁)
現場調査・見積のご依頼

お問い合わせの電話番号はコチラ 0120-70-1414 お気軽にお問合せ下さい

株式会社ペイントプロ

〒558-0004 大阪府大阪市住吉区長居東1丁目21−1
TEL : 06-6694-3939 FAX : 06-6694-9191
MAIL : info@paintpro.co.jp URL : http://paintpro.co.jp

フリーダイヤル:0120-70-1414